カイロプラクティック用ベッド・テーブルの輸入、自社製品の設計開発

0120-880-497

HOME > 会社情報 > 会社概要・沿革・事業紹介

会社概要・沿革・事業紹介

会社概要

商号 江崎器械株式会社
設立 1946年5月
京都本社 〒617-0833 京都府長岡京市神足下八ノ坪44-2地図はこちら
Tel:075-952-1553 Fax:075-953-1399
東京営業所 〒132-0022 東京都江戸川区大杉3-7-9 TAKAHASHIビル 1F地図はこちら
Tel:03-5879-6122 Fax:03-5879-6123
代表取締役社長 江﨑 健太郎
資本金 5,500万円(資本準備金 4,500万円) 
従業員 16名
主要取引銀行 京都信用金庫 長岡支店
事業内容 医療器械、リハビリ器具、器材の製造、輸入および販売
許認可番号
第三種医療機器製造販売業(京都本社) 26B3X00021
第三種医療機器製造業(京都本社) 26BY006006
化粧品製造販売業(京都本社) 26C0X00037
化粧品製造業(京都本社) 26CY009015
修理業(京都本社) 26BS200097
修理業(東京営業所) 13BS200348
高度管理医療機器等販売業・賃貸業(京都本社) 乙訓第90017号
高度管理医療機器等販売業・賃貸業(東京営業所) 第4501230800012号

沿革

西暦 沿革 世の中の動き
1946年 江崎器械店京都市にて創業。(医療器械、器具の卸・小売業)
創業者 江﨑清四郎が戦後に上海より引上げ開業。
第二次世界大戦後、戦後の復興期。日本国憲法公布。日本商工会議所設立。経団連発足。
1982年 江﨑健三が創業者清四郎より承継。 東北・上越新幹線開業。トヨタ自動車(トヨタ自工とトヨタ自販の合併)設立。ET大ヒット。
1987年 江崎器械株式会社 京都、長岡京市に資本金1,000万円で設立。
カイロプラクティック関連事業を開始。ロイドテーブル社極東総代理店となり、取り扱い開始。
関西国際空港着工。NTT上場。アサヒビール、スーパードライを発売。国鉄民営化(JR7社誕生)。
1995年 東京営業所 開設。(東京、浜松町) 阪神淡路大震災。地下鉄サリン事件。野茂投手がドジャースに移籍。為替相場79円75銭(ドル)
1997年 WFCカイロプラクティック世界大会TOKYO NORTH AMERICAN BOOTH出展統括。その貢献が評価されWFCより表彰。 消費税が3%から5%へ。地球温暖化防止京都会議開催。山一證券・北海道拓殖銀行破たん。
1998年 京都本社、社屋完成。(京都、長岡京市・現在地) 長野冬季オリンピック開催。金融ビッグバン。明石海峡大橋開通。W杯日本初出場。
1999年 エサキオリジナルテーブルの発売開始。(以降エサキオリジナルブランド開発・販売) 金融機関15行に公的資金。ユーロ発足。NTT4分割。脳死による臓器移植実施。
2006年 創業60年を迎える。 日本郵政(株)発足。阪急と阪神が経営統合。トリノ冬季オリンピック開幕。WBC開幕、日本優勝。
2007年 江崎器械株式会社 設立20周年イベント開催。 大丸と松坂屋が経営統合。新潟上中越大地震。米大リーグ松坂所属のレッドソックスが世界一。
2008年 代表取締役江﨑健三死去により、江﨑健太郎が就任。 
東京営業所移転。(浜松町→江戸川区大杉)
リーマンブラザース証券経営破たん(史上最大)。日本人がノーベル物理賞と化学賞受賞。
2011年 資本金を3,250万円に増資(資本準備金2,250万円)。
タートルジムの販売開始。国際福祉機器展に出展。(以降毎年)
東日本大震災が発生。福島第一原発で史上最大規模の事故発生。なでしこJAPAN世界一。
2012年 バリアフリー展に出展。(以降毎年) ロンドン五輪開催(吉田沙保里選手3連覇)。東京スカイツリー開業。いじめ事件続発。

主な事業内容

現在、米国からの医療用テーブルをはじめ自社開発の医療用ベッドの研究・開発も行っております。 私たちは治療と予防の中に「健康」が存在すると考えております。治療用のベッド・テーブルだけではなく、高齢者の方が健やかに、愉しく老後をおくれる機器の開発にも取り組んでおります。

  事業内容 取引先等
代替医療事業 カイロプラクティックテーブルの輸入・販売 LLOYD TABLE社
THULI TABLE社
LEANDER HEALTHCARE TECHNOLOGIES社
オリジナルテーブルの企画、設計開発・製造・販売 エサキオリジナルブランド
徒手医学の普及・発展 各種セミナー運営
サプリメントの企画・開発・販売 すこやか食品
日本ハムヘルスクリエイト
健康器具・用品の輸入販売 CORE PRDUCTS社
BODYLINE社
BODYSUPPORT社
医療用サポーターの企画・開発・販売 エサキオリジナルブランド
予防医療事業 リハビリ用エクササイズ機器の企画・開発・販売 タートルジム

事業にまつわる取り組み

セミナーの企画・運営

セミナーの企画・運営

国内外から選りすぐりの講師陣を集め、セミナーを開催しております。各団体のセミナーの共同開催をはじめ、勉強会の支援も行っております。セミナーの日程・内容につきましては【セミナー情報】コンテンツにてご確認ください。

書籍・DVDの製作

書籍・DVDの制作

出版事業部では「正しい徒手医学の知識を普及する」ことを目的として、様々な書籍やDVDの翻訳、および製作を行っています。
自分で治す安全で効果的なエクササイズとしてテレビや雑誌で注目されているマッケンジー法にもいち早く注目。10年以上前からマッケンジー協会公認の解説書を発行しています。
カイロプラクティックテクニックのDVDも多数製作しており、トムソンテーブルを使用するテクニックで代表的な「Dr.ズィメルカによるトンプソン・テクニック」と「ドロップテーブルセミナー」。フレクションテーブルを使用した「フレクションテーブルセミナー」などのDVDを製作しています。
 
アクティベーターメソッド社と契約し日本での「アクティベーターベーシック」の翻訳および出版権を江崎器械株式会社が取得しております。

機器の企画・設計・開発

機器の企画・設計・開発

国内外で活躍する一流の治療家と協力し、オリジナルテーブルをはじめ、計測器具などの製品の企画・設計・開発を行っています。様々なアイディアをヒアリングし、図面の作成、サンプル製作など、アイディアを1つ1つ形にしていきます。

機器の企画・設計・開発

会報誌「e-net通信」の発行

会報誌「e-net通信」の発行

e-net通信は、手技療法に関する最新の情報をお届けする会報誌。江崎器械主催のセミナー情報をはじめ、各カイロプラクティック団体主催のセミナー情報、お買い得商品のセール情報などを掲載し発行(不定期)、お取引のあるお客様に無料にてお届けしています。

<主な掲載内容>
セミナーのご案内/新製品のご案内/テクラニルレポート/中古器機の情報/セールのご案内/その他

「エサキ ネットショップ」の開設

「エサキ ネットショップの開設」

手技療法家の先生方のための“会員限定Webショップ”を運営しています。ご利用の手続きをはじめ詳細については「エサキ ネットショップ」ページをご覧ください。

会社情報

ご挨拶・経営理念
会社概要・沿革・事業紹介
アクセスマップ