カイロプラクティック用ベッド・テーブルの輸入、自社製品の設計開発

0120-880-497

HOME > 製品情報 > その他カイロ製品 > マイオビジョン

コンピュータ分析システム マイオビジョン
表面筋電位や左右の温度差を客観的データで確認できる
簡単操作のコンピューター分析システム

「マイオビジョン」をインストールしたパソコンとワイヤレス受信装置を使用して、スキャンビジョン(表面筋電位)およびサーモビジョン(右左の温度差)、フレックスビジョン(傾斜計)で計測した結果を客観的にデータとして確認することができるコンピューター分析システムです。

特徴

患者様の計測値を客観的データとして活用できる分析システム

  • ・日本語ソフトウエアなので、パソコンが使えるレベルであれば、誰でも簡単に扱えます。
  • ・ソフトウエアがカイロプラクティックで使用できるように特化されています。
  • ・フィジオモニターをパソコンに接続することで、スキャンビジョン、サーモビジョン、フレックスビジョンがワイヤレスで操作できます。
  • ・表面筋電位や左右の温度差を客観的データで視覚的に確認でき、第三者にも示すことができます。
  • ・計測データをコンピュータに保存することで、過去のデータとの比較が簡単に行えます。

ページトップへ

種類

スキャンビジョン(表面筋電計)

スキャンビジョンを使うことで右端のようなデータを確認することができます。この場合、T5の左に大きな筋緊張が見られます。緊張の度合い(低→高)が黄色→緑→ピンク→赤、の順で表示されます。この場合、T5の部分に何か問題があるという判断がなされます。

サーモビジョン(温度差の測定)

サーモビジョンにより左右の温度差を計測することで、温度の低い方(血流量が低いため温度が下がっている)に問題があるという判断がなされています。

フレックスビジョン(傾斜計)

フレックスビジョンは関節可動域や角度を計るために使用します。
関節の動きの評価と測定に用います。

付属品: フィジオモニター(ワイヤレス受信装置)

パソコンへの接続でスキャンビジョン、サーモビジョン、フレックスビジョンをワイヤレスで使用することができる受信装置です。

ページトップへ

仕様・スペック

製造メーカー Precision Biometrics, Inc.
商品コード TE-173001(マイオビジョン スキャンビジョン)
TE-173004(マイオビション サーモビジョン)
TE-173003(マイオビジョン フレックスビジョン)
サイズ
  • 【マイオビジョン スキャンビジョン】
    サイズ:45×55×140mm
    重量:約145g(1台)×2
    電源:単4電池2本

  • 【マイオビジョン サーモビジョン】
    サイズ:185×170×98mm
    重量:約730g
    電源:内蔵リチウムポリマー充電池

  • 【マイオビジョン フレックスビジョン】
    サイズ:83×78×124mm
    重量:約128g(1台)×2
    電源:内蔵リチウムポリマー充電池
パソコン環境
  • WindowsXP WindowsVista Windows7 32/64bit Windows8 32/64bit 対応
  • (MacOSは未対応、BootCampもサポート対象外)
  • 1.5GzPentiumⅢ以上のプロセッサ
  • 1GB以上のメモリ2GB以上のHDDの空き容量
価格
  • マイオビジョン スキャンビジョン  850,000円(税抜)
  • マイオビジョン サーモビジョン   1,070,000円(税抜)
  • マイオビジョン フレックスビジョン 700,000円(税抜)
  • ※実売価格はお問い合わせください。
  • ※本製品は医療機器ではありません。

ページトップへ