アカデミー

アクティベーターメソッド

アクティベーターメソッド(以下AM)は機械を使った矯正法では最も有名なテクニックであり、
全米カイロプタクターでの使用率が第2位のテクニックです。

江崎器械オンラインカイロプラクティックアカデミー

いつでもオンラインでカイロプラクティック技術を学べるアカデミーを開設いたしました!

カイロ・トムソンベッドの取り扱い30年余の江崎器械株式会社と、
施術経験が豊富で信頼性の高い技術を保持するドクターとの協力にて
ご提供するカイロプラクティックアカデミーです。

アクティベーターメソッド

脚長差を利用した独自の検査方法と器具を使って矯正

AMはカイロプラクターである、故Warren Clemens Lee D.C.(ウォーレン・クレメンス・リー)とArlan William FuhrD.C.(アラン・ウィリアム・ファー)によって創始、理論化されたテクニックであり、その特徴は脚長差を利用した独自の検査方法と器具を使って矯正を行うことにあります。

脚長検査とアクティベーターの画像
AMではleg length analysis(脚長検査)と呼ばれる機能的な短下肢(構造的に下肢が短いわけではなく、筋肉の収縮などによって下肢が短くなっている状態)をプレッシャーテスト、ストレステスト、アイソレーションテストという独自のテストを用いながら4つのポジションでの脚長差を分析し、問題のある箇所を特定します。

矯正部位が確定したらアクティベーターガンと呼ばれる器具を用いてそれを矯正します。
アクティベーター用テーブルの画像

アクティベーター関連機器

PAGE TOP
MENU