創業の想い

江崎器械創業者、江崎清四郎と妻子の画像
江崎器械創業者の江﨑清四郎は、1945年第二次世界大戦終戦後、上海から命からがら京都に戻ります。
終戦当時上海にいた清四郎と妻の良枝は、幼子をつれ引揚船の出る満州を目指しました。

良枝はお乳の出が良かったため、栄養失調で満足に授乳できないお母さんに代わり幼子にお乳を分けていたが、吸う力もなく力尽きる子供たちのことが忘れられないと涙ながらに語っていました。
「人が人を殺しあう戦争が終わり、平和な世の中でこれからは命を救う仕事がしたい」
1946年に清四郎が江崎器械店を創業したのはそうした思いからでした。
江﨑清四郎と酸素発生装置の画像
当時は酸素発生装置や、試料を検査するスピッツ、ステンドグラスなど医療機器を中心に販売をしていました。
2代目の江崎健三は清四郎の三男として生を受け、若いことは山登りにうちこみ、高校を卒業してからは各地を放浪し牧場経営を目指していたそうです。
放浪先の与論島で妻と出会い、家族を養うためにトラックの運転手として必死に働いていましたが、体を壊してしまいます。そんなとき、清四郎の仕事を手伝ったこときっかけに2代目として会社を継ぐことを決めました。
江崎健三が主催したカイロプラクティックセミナーの様子
当時、日本ではまだほとんど認知されていなかったカイロプラクティックに出会い「この素晴らしい治療は日本に根付くはずだ」とそれまでの医療機器から一転。
カイロプラクティック用品を中心に販売する会社として1989年に江崎器械店を江崎器械株式会社に発展させます。

情報が少なかった日本へ、アメリカから講師を招致。機器販売だけではなく、業界の底上げにも貢献。
健三はその後も精力的に活動し、1997年にアジア圏で初めて開催されたWFC東京大会の開催に尽力、その功績を表彰されました。
そんな健三も2008年4月4日、心臓の病気でこの世を去ります。
当時健三の長男で若干30歳の私、江崎健太郎が会社を継ぐのは容易なことではありませんでした。

弊社の根幹である、「病に苦しむ人を助けたい」という想いは私のDNAにも刻まれています。私たちは「健康」に焦点を置き、健康に関するものを「販売」するのではなく、あくまで健康になっていただく「お手伝い」をしていくという意味で、「健康を伝える」ことをテーマとしています。

沿革

西暦 沿革 世の中の動き
1946 江崎器械店京都市にて創業。(医療器械、器具の卸・小売業)
創業者 江﨑清四郎が戦後に上海より引上げ開業。
第二次世界大戦後、戦後の復興期。日本国憲法公布。日本商工会議所設立。経団連発足。
1982 江﨑健三が創業者清四郎より承継。 東北・上越新幹線開業。トヨタ自動車(トヨタ自工とトヨタ自販の合併)設立。ET大ヒット。
1987 江崎器械株式会社 京都、長岡京市に資本金1,000万円で設立。
カイロプラクティック関連事業を開始。ロイドテーブル社極東総代理店となり、取り扱い開始。
関西国際空港着工。NTT上場。アサヒビール、スーパードライを発売。国鉄民営化(JR7社誕生)。
1995 東京営業所 開設。(東京、浜松町) 阪神淡路大震災。地下鉄サリン事件。野茂投手がドジャースに移籍。為替相場79円75銭(ドル)
1997 WFCカイロプラクティック世界大会TOKYO NORTH AMERICAN BOOTH出展統括。その貢献が評価されWFCより表彰。 消費税が3%から5%へ。地球温暖化防止京都会議開催。山一證券・北海道拓殖銀行破たん。
1998 京都本社、社屋完成。(京都、長岡京市・現在地) 長野冬季オリンピック開催。金融ビッグバン。明石海峡大橋開通。W杯日本初出場。
1999 エサキオリジナルテーブルの発売開始。(以降エサキオリジナルブランド開発・販売) 金融機関15行に公的資金。ユーロ発足。NTT4分割。脳死による臓器移植実施。
2006 創業60年を迎える。 日本郵政(株)発足。阪急と阪神が経営統合。トリノ冬季オリンピック開幕。WBC開幕、日本優勝。
2007 江崎器械株式会社 設立20周年イベント開催。 大丸と松坂屋が経営統合。新潟上中越大地震。米大リーグ松坂所属のレッドソックスが世界一。
2008 代表取締役江﨑健三死去により、江﨑健太郎が就任。
東京営業所移転。(浜松町→江戸川区大杉)
リーマンブラザース証券経営破たん(史上最大)。日本人がノーベル物理賞と化学賞受賞。
2011 資本金を3,250万円に増資(資本準備金2,250万円)。
タートルジムの販売開始。国際福祉機器展に出展。(以降毎年)
東日本大震災が発生。福島第一原発で史上最大規模の事故発生。なでしこJAPAN世界一。
2012 バリアフリー展に出展。 ロンドン五輪開催(吉田沙保里選手3連覇)。東京スカイツリー開業。いじめ事件続発。
2016 創業70周年を迎える。 ボブ・ディラン氏、ノーベル文学賞受賞。「こち亀」連載40年で完結。
2017 江崎器械株式会社 設立30周年。 藤井聡太四段(14歳)歴代単独1位となる29連勝達成。トランプ米大統領就任演説。
2019 業務拡張に伴い、東京営業所移転。並びに九州営業所開設。 皇太子徳仁親王殿下が天皇に即位される。令和へ改元。ラグビーワールドカップが日本で開催。日本代表がベスト8進出の快挙。
2020 「ケアエル・ハーモニー ハンドトレーナー」の販売開始。 コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが発生。東京オリンピックが、開催史上初めて延期される。
PAGE TOP
MENU